87126 マルチメディアシステム論
80021 コミュニケーション形成論


資料

目次

2012.04.10 01 ガイダンス
2012.04.17 02 コミュニケーション・モデル
2012.04.24 03 Mac OS X 環境とマルチメディア
2012.05.01 04 文字 (1) 文字コード
2012.05.08 05 文字 (2) フォントの考え方とマルチメディア
2012.05.15 06 色 (1)
2012.05.22 07 色 (2)
2012.05.29 08 音
2012.06.05 09 アクセシビリティとメディア
2012.06.12 10 [休講]
2012.06.19 11 マルチメディアシステムの例 teiten2000
2012.06.26 12 知的所有権とDRM
2012.07.03 13 Webアプリケーション
2012.07.10 -- [見なし金曜日]
2012.07.17 14 まとめ
2012.07.24 15 [休講](課題は下記参照)
2012.07.31 16 (正規試験予定)

レポート課題
 画像や音情報の圧縮方法は,「可逆圧縮」と「非可逆圧縮」に分類できる。これら2つの圧縮方法について, (1) 相違点を説明し, (2) 各圧縮方法の代表例を一例ずつあげ,仕組みを簡潔に説明しなさい。
提出先:篠田のメールアドレス。しのだ@sss.fukushima-u.ac.jp (「しのだ」は英小文字でヘボン式表記。)
メールのタイトルは,「マルチメディアシステム」とすること。
提出期限:8月16日17時。
注意:3日以内に受領確認の返信をします。3日過ぎても確認の返信が無い場合は再送してください。送信記録(送信済メール等)は成績が確定するまで残しておいてください。

※()については,試験・補講の実施未定
予定は授業進行等により変更することがあります。


平成 23 (2011) 年度
平成 22 (2010) 年度
平成 21 (2009) 年度
平成 20 (2008) 年度
平成 19 (2007) 年度
平成 18 (2006) 年度
平成 17 (2005) 年度
平成 16 (2004) 年度
平成 15 (2003) 年度
平成 14 (2002) 年度
平成 13 (2001) 年度
平成 12 (2000) 年度
平成 11 (1999) 年度
平成 10 (1998) 年度
平成 9 (1997) 年度